2015年01月11日

物事の本質

読みたい本が手元にたくさんあって、非常に迷いつつ日々過ごしております(笑)
年末はなぜかバタバタ過ぎるもので、ためてしまった本たち。
今夜は、宮部みゆきさんの「ソロモンの偽証」(新潮文庫)を楽しんでいます。
こ〜れが長いんだぁ(笑)
わたし…我慢が出来ない達で、本なんかも一気読みしちゃうんですねぇ。ハリーポッターとか、上下巻が揃う日をひたすら待ち、下巻が手に入った日にゃぁ必ず徹夜でした。(笑)
「ソロモンの偽証」は文庫でなんと全6巻…。
勇気を持って読み始めましたが…すでに恐れていた事態に直面しつつあります。
いつ読むのをやめたらいいの〜!
先が気になるやんかぁ〜!!
…(^◇^;)
しばらく寝不足になりそうです(笑)

宮部みゆきさんの言葉は、とても身近です。それでいて、有り触れた言葉の、一つ上。日常的に使う言葉に、取り入れてみたくなる表現を使われてる気がします。
憧れる文章なのかな。
「物事の本質」は見る人によって違いますが、少なくともわたしは、宮部みゆきさんの言葉には、いつも何かしら共感を得てしまうのですねぇ。
「ソロモンの偽証」!
まだ一巻!
今後の展開が楽しみです!!!

坂井恭子
posted by ME*MAP at 22:40| Comment(0) | きょん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。